menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
  4. 【バスケ】ドリブル指導の「コツ」について【動画】
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  6. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  7. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  9. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  10. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:重田恒文

■ピック&ロール 成功の鍵とは…?先日の練習からハーフコートでのピック&ロールを重点的に練習しています。理由として、スペースを有効に活用するためです。あなたはピック&ロールを指導されるとき、どのようなことを指導されますか?…

インサイドプレーが上手い選手は身体が強いことに加えて、スクリーンが上手い選手が多いです。なぜなら、ゴールとの距離が近いためスクリーナーとなり、相手を抑えるフリをしながら自身が身体を回転(ロ…

昔に比べて、現代バスケはアウトサイドの得点力が各段にアップしています。少し前なら、ガードは「ゲームを組み立てる」とタクトを振るように周りの選手を活かす選手が多かったように思います。しかし、現在ではゲームを組み立てることは…

週末にBリーグやNBAを見ていました。少し前の試合展開ならアウトサイドは速攻の起爆剤、またはゲームメイクがストロングポイントとなる選手が多かったですが、現代バスケでは、「得点力」を求められるポジションだと…

ローポストの面取りの方法は前回お伝えしましたが、本日は、実践テクニックについてお伝えしたいと思います。上手く目の前で面取りされるとディフェンスは、これでもかという程、守りにくくなります。…

ローポストでの面取りはバスケットにおいてとても重要なテクニックの一つです。なぜなら、ローポストがインサイドプレーでもっとも基本とされておりプレーの幅を広げるにはもってこいのポジションだからです。&…

今回の講師は名古屋経済大学の重田監督。チームでは、男子、女子の監督を務めています。そんな重田先生と始めて出会ったのは2016年の夏。当時、重田先生の理論を聞いたとき今までの概念が全て崩されたような衝撃を受けました……

日々、練習に励むチーム、そして選手たち。指導者であるあなたや選手らの得たい結果は、一つでも多くの試合に勝つこと。しかし、現実は…練習で行ったことの半分ほどしか試合では力を出…

ピックアップ記事

  1. かくしてスウェットを着てコートの脇へ外れていたケガ人たちを中へ戻し、半袖短パンになって全員参加による…
  2. みなさん、こんにちは。先日、埼玉県熊谷市で「武学籠球クリニック」を開催してきました。…
  3. ケガにも色々なものがある。重度軽度の違いがあれば、受傷部位によっても状況は異なる。より深く考えていく…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その3
  2. 【坂口慎の武学籠球】ボールをほとんど触らないクリニック
  3. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その2
ページ上部へ戻る