menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】アウトサイドにおける2o…
  2. 【片岡編集長のプレイブック】戦術14ワールドカップ(チェコのSecon…
  3. 【武学籠球】無意識反射を無くす重要性
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. バスケットボールを分析しよう!【「AS」を分析する】
  6. 【片岡編集長のレポート】on ball Screen DF4(Swit…
  7. 【片岡編集長のプレイブック】戦術13 ワールドカップ対戦国2
  8. 【武学籠球】「立つこと」の重要性
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】質問箱を開設します
  10. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】「DR」,「TR」を分析…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:片岡秀一

今回は、Czech Republicのプレーを紹介します。同チームとは、2016 年にもFIBA Olympic Qualifying Tournamentにて対戦。欧州随一の強豪チームFenerbahce で活躍するJan…

前回まではon ball screenのDFにおける役割分担、責任領域をご紹介しました。今回はSwitchに対して。ミスマッチの不利益よりも、スペースを与えない事を優先している。今回より、on ball screenに対して…

今回もトルコ代表チームのプレーを紹介します。まずは下記動画を参照ください。シンプルな中にも、自チームの特徴を生かしたプレーがデザインされています。◇解説・本プレーは、ピリオド終盤(ラスト30秒…

前回までは、ボールを保持する選手へDFと、その他の選手の役割分担について、主にHelpサイドを話題にして紹介しました。このようなDFを仕掛ける際に、ボールサイドのコーナーを守る選手にも責任分担を明確にすることが重要です。もし…

今夏、バスケットボール男子代表チームは中国で開催されるワールドカップに挑みます。対戦チームは、チェコ、トルコ、そしてアメリカ代表です。今回より、各国対戦チームが大陸予選で使ってきたオフェンスプレーを紹介していきます。…

前回に引き続き、On ball Screen(Pick&Roll)での守り方について、FIBAワールドカップ予選、リトアニア対クロアチアを題材に考えていきたいと思います。前回では、下記動画&下図のようにコーナーへスキ…

今回よりOn ball Screen(Pick&Roll)のDFについて扱います。読者の皆様もご存知の通り、Show Hard、Swich、ICE(BLUE)、BLITZ(TRAP,RED)など、様々な守り方が存在します。…

Diamond gameについての最終章となります。今回は、Side PnRから2回目のPnRへの展開を紹介します。上記のプレーはSecondary PnR等と呼ばれ、欧州や、国際大会での主流の考え方です。1回目のP…

Diamond gameについて紹介していきます。今回はSIDEのPNRを絡めたプレーです。この一連の動きは通常のスタッグからでも活用できる形です。スペーシング、OF側の先手の取り方、プレーのオプションなどで参考にな…

過去2回と同様に、吉田亜沙美選手がFIBAアジア選手権2015予選リーグでの中国戦で魅せた決定シュートについて、もう一つの視点でご紹介していきたいと思います。上記プレーについて、間宮選手、渡嘉敷選手、そして吉田選手が持つオプションに…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. こんにちは!小谷究です。私は現在、流通経済大学スポーツコミュニケーション学科で助教を務めてい…
  2. 今回は、Czech Republicのプレーを紹介します。同チームとは、2016 年にもFI…
  3. みなさん、こんにちは!最近、バスケ仲間と1on1ばかりしている坂口慎です。先日はその1o…

おすすめ記事

  1. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】アウトサイドにおける2on1の場面での「AS」
  2. 【片岡編集長のプレイブック】戦術14ワールドカップ(チェコのSeconday PnR)
  3. 【武学籠球】無意識反射を無くす重要性
ページ上部へ戻る