menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  2. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  3. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?…
  4. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】ケガという病魔 その1
  5. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.32
  6. 坂口慎の【武学籠球】克己復礼・2年ぶりの試合
  7. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】一人になれない
  8. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート速報「切り返…
  9. 小谷コーチの【バスケットボールを分析しよう!】ボックススコアによる評価…
  10. 坂口慎の【武学籠球】僕が筋トレをしなくなった要因
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:梅原淳

体力づくりの一端に、重量物を扱うウエイト・トレーニングがあります。スクワット、デッド・リフト、ベンチ・プレスなど、幾分聞いたことがあるかと思います。基礎的な動作の習得や筋力向上のために、また昨今では體を大きく作り上げるビルディングの…

ケガという難敵に今、苦慮している。ケガはスポーツ選手にとって致命的だ。それで選手生命を絶たれる場合もある。しかし同時にケガは悪魔の囁きでもある。志や目標が生半可な者はそれを口実に修練を怠る。体にきついことから逃げられ、楽をできるから…

テスト期間はだいたい1週間前からクラブ活動を休みにしますね。これは日本の中学高校では一般的かと思います。2週間ほどチーム鍛練が無くなりますので、体力・技術の落ち込みが心配されます。多少の休みであればかえってリフレッシュされて、テスト…

以前、教育評論家の尾木直樹さんが「いまの子供は鬼ごっこができない」「一人になるのが怖い」という話をされていました。先日、私の身の回りでこれと似たような状況がありまして、細かくは申せませんが、わずかでも皆さまの助けやきっかけになればと…

私は切り返しの力をつけるために、今回の動画のようなステップ・ターンの動きをよく練習します。この(株)リアルスタイルから発行されている登録制レポートでも、度々そのテーマでトレーニング・スキルを公開してきました。今回は切り返し力…

前回のトレーニング・レポートで、動きの緩慢なサイド・ステップの典型例をお伝えしました。キックで進めず両脚ステップで動いている選手は、おそらくあなたのチームにも多いと思います。さて今回もさらにサイド・ステップの話を続けたいと思…

私が横の動きを練習するときに、選手たちの多くがおこなう典型的なステップの癖があります。今回も切り返しの動きを鍛えようと、細かい足でステップワークをおこなう鍛練をしたときに、その典型の一つになっている選手がいました。フェイスブ…

スポーツ・トレーニングにおいて、とくにこの近年にしばしば「体幹」という言葉が聞かれるようになりました。私は體づくりに際し、いつも人間の肉体を建物に例えて話をします。ビルや家などあらゆる建築物には必ずその構造の軸となる「柱」があり、それが人間…

私は毎年夏に、定期指導をしているチームへ特別な「塩」を贈っています。おおよそ6〜7月の間に、體を内側からみなぎらせるためのエネジーフードとして(あまりこういう言い方は好きではありません)、夏を乗り切れるようささやかなお節介をするので…

(承前)このレポートでは、実際に起こったチームの瓦解から僕たちが学べることについて考えています。前号の(上)では、問題の中身とそれによって生まれる危機や苦難に触れました。長い時間を掛けて作り上げてきたものが崩れると、火種は一…

さらに記事を表示する

ピックアップ記事

  1. 体力づくりの一端に、重量物を扱うウエイト・トレーニングがあります。スクワット、デッド・リフト、ベンチ…
  2. 先日、DVD教材でも講師を務めていただいている星澤純一先生のレッスン会に参加してきました!そ…
  3. みなさん、こんにちは。今回はいきなりですがこちらの動画からご覧ください。【必見!】ス…

おすすめ記事

  1. 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.33
  2. 【バスケ】ディフェンス指導の「コツ」を知りたい方へ【星澤純一】
  3. 坂口慎の【武学籠球】スポーツマンなら必ずする「礼」はゾーンへのカギ!?
ページ上部へ戻る