menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
  4. 【片岡編集長のレポート⑬】チームへとトランジションドリルを受け付ける方…
  5. 【レビュー2】星澤コーチが提唱する戦術を学べるだけではありません。【新…
  6. 【レビュー】星澤理論から紐解く、バスケ上達のための術とは?【新作DVD…
  7. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  8. 【バスケットボール】戦術指導で陥る、落とし穴
  9. 保護中: コーチは教えるために学び、その使命は選手の成長に力を尽くすこ…
  10. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性について
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【オフェンス戦術】弱者でも得点を取るためのモーションオフェンスとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回はモーションオフェンスについてご質問をいただきました。

回答は、部員0人から立ち上げたチームを

近畿大会ベスト8まで導き、国体の大阪代表監督も経験された

倉田伸司先生です。

では、早速ご覧ください。

—————————————————

【ご質問】

私は中学校で女子バスケットボールの顧問をしています。

 

初心者が多いチームで負けてばかりですが、

以前にも購入させていただいたDVDをもとに

ドリブル練習から始め、だんだん戦えるチームに変化しつつあります。

 

さて、先日、購入しました倉田先生のDVD、とても内容が良く、

使えそうなアイデアがたくさんありました。

 

早速練習に組み込んだメニューもあり、選手がどう変わるか楽しみです。

感謝します。

 

今回は、第3巻にある「モーションオフェンス」について質問します。

http://basketball-school.jp/bk0009/

 

このDVDでは4人の動きの約束が収録されているのですが、

5人目の動きはどうなるのでしょうか?

 

下手に動くとせっかくの連携プレーを邪魔してしまいそうです。

 

是非ゲームで使ってみたいのですが、

この点についての理解が必要と思いメールさせていただきました。

可能な限り教えて下さい。宜しくお願い致します!!

 

【倉田先生からの回答】

良い質問ですね。待ってました。

当然の疑問だと思います。

その疑問を解決するのが指導者の仕事であり、

チームに提供する役割だと理解しております。

 

さて、今回のモーションオフェンススキル創りのヒントは

1.フロアーバランスと連続性です。

オフェンスフロアーバランスとは、一つのプレイに参加するのは

3人でシュートとリバンドポジションを指示して、

後の2人はセーフティを考えれば、どこに行けばが解決されます。

http://basketball-school.jp/bk0009/

 

24秒内でのプレイでは終結させるさせるには

『どこで始まり』『どこでシュートさせるか』を考えて、

コーディネイトさせてください。

 

2.コーチの嗜好です。例えば1ガードか、2ガードか

 

3.24秒でどれだけのことを組み込めるか、

『どれだけ』を排除してください。

 

『ワンプレイ、ワンコンセンス』でモーションオフェンスの

テーマは『きっかけ』をチームの共通理解とすることです。

 

いつ始まって(指示したポジションのプレイヤーのステップワーク)、

何を(シュート)、どこの場所でチームとして終えるかを考えれば、

移動する方向、タイミングはおのずから決まってくる。

 

ファーストポジションのフロアーバランスを基準として

チームにとって最適な“オリジナル”を創られることを願います。

http://basketball-school.jp/bk0009/

 

この度はご質問ありがとうございました。

http://basketball-school.jp/bk0009/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑨】Buy Time(時間を奪う)というこ…

  2. 【速攻】速攻時のサイドアウトは真ん中に出すべきですか?【バスケ】…

  3. 【バスケ上達】パスを受ける角度によってロールを変える【動画】

  4. 【バスケ】「ティーチング(教える)」ではなく「コーチング(導く)…

  5. 【ピック&ロール】試合で使える、使えないの違いは「●●の向き」

  6. 【バスケ】簡単にアウトサイドからシュートを打つ方法とは・・・?【…

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 大学リーグや、B.LEAGUEのアーリーカップが開催しました。今年も本格的なバスケットボール…
  2. これまでのメッセージを通じ、本稿筆者の視点から、プレーの特性、指導哲学、ドリルの構成などを通じ、『超…
  3. 本メッセージでは、映像教材の中での指導内容の大きな流れについて紹介する事を試みたい。「単純性…

おすすめ記事

  1. スプリントバックの重要性を知る
  2. 【レビュー】 この教材から、あなたが感じ取ってほしいこと。【バスケ】
  3. 【レビュー】オフボールでの2対2は、必見です。
ページ上部へ戻る