menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレー…
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
  4. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  5. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】個人ファウルの個数をどの…
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド7
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  8. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを…
  9. 【片岡編集長のレポート】引き続きディフェンスリバウンドについて扱います…
  10. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームのベストメンバーを把握する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回も前回に引き続きランニングスコアから読み取れる内容について考えていきたいと思います。

■「Pl-in」から主な戦力となるプレーヤーを読み取る

ランニングスコアには、前回扱った登録メンバーの背番号が記載されている欄の横に「Pl-in」という欄が設けられています。

この欄に「×」が記されているプレーヤーがゲームに出場したプレーヤーになります。

大会によってベンチ入りできる人数は異なりますが、例えば、15人がベンチ入りできたとしても、15人全員がゲームに出場することはまれです。

したがって、「Pl-in」の欄から、そのチームの主な戦力として出場するプレーヤーを把握することができます。

ただし、点差が大きく離れたゲームの場合、点差が拮抗したゲームでは出場しないプレーヤーにも出場の機会が与えられることがあるので、点差が大きく離れたゲームでは、「Pl-in」の欄から、そのチームの主な戦力として出場するプレーヤーを把握することはできません。

チームのベストメンバーを把握する

「Pl-in」の欄には、ゲームに出場したプレーヤーに加えてゲームの最初に出場したプレーヤーであるスターティングメンバーの5人が記録されています。

出場を示す「×」が「◯」で囲われているプレーヤーが、その5人になります。

ほとんどのチームが、スターティングメンバーにベストメンバーを揃えてきます。

実際のゲームでは、後から交代して出場するベンチメンバーが、スターティングメンバーよりも活躍することがあります。

しかし、ベンチメンバーが出場する時間帯には相手チームも同様にスターティングメンバーよりも劣っているであろうベンチメンバーを出場させる時間帯に突入しており、相手チームのスターティングメンバーと対戦したスターティングメンバーのパフォーマンスと相手チームのベンチメンバーと対戦したベンチメンバーのパフォーマンスを比較することは有効ではありません。

したがって、基本的には「Pl-in」の欄に記録されているスターティングメンバーが、そのチームのベストメンバーであるといっていいでしょう。

■「(CAP)」の記載とスターティングメンバーから読み解く

さて、前回のメルマガで登録メンバーの氏名の横に「(CAP)」と記されているキャプテンを務めるプレーヤーはチームの得点源となるエースプレーヤーの可能性があると説明しました。

「Pl-in」の欄で確認できるスターティングプレーヤーであり、キャプテンであるプレーヤーはエースプレーヤーである可能性がグンとあがります。

一方、スターティングメンバーではないキャプテンのプレーヤーは、パフォーマンスではなく人間性の部分で評価され、キャプテンとして選出されたプレーヤーである可能性が高いといえるでしょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ バスケットボール事務局 おすすめDVD教材・商品■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■星澤純一の「超シンプル化シャッフルオフェンス」

もう戦術指導に悩まないでください。

http://rs39.net/c/bk/ckhj_1/mm/

 

■金田伸夫の「ゼロから始める!バスケット上達法の「基本」

「先生、番狂わせって本当に起こせるんですね…」

もっと勝ちたい。強くなりたい。

でも何か物足りないと感じている方へ

http://rs39.net/c/bk/ckkn_3/mm/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法

未経験者ばかりの公立校バスケット部が

情け容赦なくシュートを決めて、14年で7度も

全国大会に出場した秘訣は、意外に簡単なこの練習法です。

http://rs39.net/c/bk/ckmt_1/bl/

 

■プレーを分解して指導する!松本流ファンダメンタル練習法2

なぜ、この練習法を真似するだけで忙しい先生でも、

3ヶ月で、新入部員に「ゆるぎない基礎」を習得させられるのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckmt_2/bl/

 

■シュートマジック~試合で落とさなくするシュートの打ち方~

なぜ、たった2つの心構えで、

シュートが落ちなくなる、2つの原則が身に着くのか…?

http://rs39.net/c/bk/cksy_1/bl/

 

■スキルアップシューティングドリル

もし、経験のなさが子供を成長させると信じてくれるのであれば、

子どもたちが自動的に上達し、試合でシュートが決まる練習法を

お伝えしますが…

http://rs39.net/c/bk/cksy_2/bl/

 

■古武術バスケ ~得点力が飛躍的に変化する!オフェンスの章~

今まで指導してきたオフェンスとは180度異なる、

得点力を数倍に跳ね上げる“非常識な上達法”とは…?

http://rs39.net/c/bk/ckkn_1/bl/

 

■古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

なぜ、この「足の力を使わない」ディフェンスは、

相手をカンタンに封じ込められる上、チームの得点力を2倍にできるのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckkn_2/bl/

 

■アーリーオフェンスマニュアル~考えて走るチームをデザインするチーム創り

なぜ、初心者ばかりの弱小バスケット部が、

わずか2年で「近畿大会ベスト8」入りを果たすことができたのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckks_1/bl/

 

■Practice Training For TransitionGame

なぜ、「10本中6本はシュートを外す」、

決定力の低いチームが、背の高い相手をらくらく封じ込め、

試合に勝てるチームに変わったのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■勝利へのゲームデザインマネージメント

私が、どうやって、昨年初戦敗退の

一般校を1年でシード校に成長させたか?

その方法を公開します。

http://rs39.net/c/bk/ckks_2/bl/

 

■ディレイオフェンス

なぜ、シュート成功率が低く、1試合走り続ける

体力もないチームが、全国3位になれたのか…?

http://rs39.net/c/bk/ckns_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション

170㎝以上の選手がいない

一般校の女子バスケ部の得点力を2倍にした方法を公開

http://rs39.net/c/bk/ckst_1/bl/

 

■インサイドオフェンスバリエーション2

インサイドプレーの完成度を飛躍的に向上させる

アウトサイドから展開する「22のオフェンスパターン」を公開!

http://rs39.net/c/bk/ckst_2/bl/

 

■Greatest Dribble (ドリブルメガネ付)

ドリブルを思い通りに操るセンスと、

試合で使えるテクニックを身に付けて、

例えビギナーでも経験者を追い抜く方法とは?

この下にある答えにあなたはきっと驚くことでしょう…

http://rs39.net/c/bk/ckot_1/bl/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【片岡編集長のレポート⑫】トランジションディフェンスの有効性につ…

  2. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポー…

  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポ…

  4. 【シュート上達法】シュート前に360度回ってる?

  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】「慣習的にやるウォ…

  6. 【上達法】冬休みに徹底して行ってほしい「ディフェンス技術」 

バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. こんにちは!小谷究です。前回はランニングスコアの個人ファウルの欄から読み解くファウルトラブル…
  3. ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート No.12
  2. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】Defはオフェンスプレーヤーとの間合いが重要。
  3. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンド8
ページ上部へ戻る