ディフェンスに関する記事一覧


スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

今回より、取り扱うテーマを「トランジションDF」に絞っていきたいと思います。 引き続き、題材については女子代表チームの試合を中心に、その背景に潜む背景や、各選手の判断を探求していきます。

スキルアップ ディフェンス トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

今日はちょっとあなたへ問題を出したいと思います。 問題と言っても答えを先に出します。その上で動画を見て、あなたの目にはどのようにそれが映るか。 僭越ですがぜひ目を養ってもらいたいと思いまして、いつもと少しかたちの違うレポートにしてみようと思います。 ディフェンスの足の運びを撮りました。動画の中の選手たちには、初速の反応で優ることを狙いとして伝えています。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一

今回の記事では、女子代表チームの新戦力として注目の集まる宮下希保選手のプレーに焦点を当ててみたいと思います。

スキルアップ ディフェンス 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

ボール運びに対するディフェンスについて、「足は速いのになぜかついていけない選手」っていませんか。 それには、動く方向を斜めではなく○○へ動かすこと。その○○とは? 今回は、ボール運びに対するディフェンスの練習方法をご紹介します。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一

引き続き、女子代表チームのDFコンセプトを題材としていきたいと思います。同チームは、オリンピックでの金メダル獲得を目指して強化を進めています。日頃のインタビュー記事は勿論ですが、トム・ホーバスHCがJBAコーチカンファレンスに登壇された際には公言されていました。同HCは、選手時代より、高い目標を掲げ、 ...

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一

本記事で主張したいメッセージは、以前までと同様です。3Pシュートを武器とするチームであるが、ノーマークの3Pシュートを放つために、非常にきめ細かなチームのルールやコンセプトがあり、確実に遂行している事。そしてチームのコンセプトの中には、選手の個人技術を存分に発揮する為のプレーの要素も数多くある事です。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導法 指導者 片岡秀一 育成法

動画のプレーでは、赤穂選手のマークマンに対し、複数人のスクリーンが連続でセットされます。 Stagger Screenと呼ばれるプレーの中、赤穂選手は、次のような所作で喰らい付きます。他の選手の一瞬の連動と共に記載していきます。

スキルアップ チーム戦術 ディフェンス 動画 指導者 片岡秀一 育成法

引き続き、女子代表チームが選択しているDFコンセプトの紹介、及び、各選手の戦術遂行能力の高さを中心に、強さの秘訣に迫りたいと思います。繰り返しになりますが、女子代表チームが国際舞台で戦績を挙げているのは、チームが明確な戦術を掲げ、それに基づく選手選考をし、各選手のDF戦術やOF戦術の徹底度にあると感じています。一般誌などで取り上げられることが多い3Pシュートは、その戦術や緻密な準備が表面化した一例といえるでしょう。今回は、SIDEでのOn Ball Screenです。