menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の…
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  4. 【片岡編集長のレポート】ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジ…
  5. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  6. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドが、試合の命運を分ける
  7. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 トレーニングレポート …
  8. 【片岡編集長のレポート】「ボールウォッチャー」は●●を取れない
  9. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】 能力のある選手へのバイ…
  10. 【片岡編集長のレポート】ディフェンスリバウンドの「数値」が、勝利へ直結…
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:片岡秀一

引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきたいと思います。本シリーズの序盤でも伝えましたが、ディフェンスリバウンドは、その重要性を選手もコーチも理解しながら、どうしても「0」に…

引き続き、ディフェンスリバウンドを考える上でのキーワードや、実際の国内外での取り組み例となります。③ゲーム終盤、リバウンド力を考慮したゲームマネジメント日本男子史上最高位であり、アジア出場国内で1位の10位入賞を果たした2017年U…

ディフェンスリバウンドは試合の命運を分ける重要なポイントです。ディフェンスリバウンドを確保する事は、相手のセカンドチャンスを減らすだけではなく、自チームのトランジションオフェンスにも大きく作用します。前号までは、その為のアプ…

前回はディフェンスリバウンドの分析方法の一つとして「ハードコンタクト、ソフトコンタクト、ボールウォッチ」を紹介しました。ワールドカップでアメリカ代表に屈した男子U-17日本代表チームとしては、ディフェンスリバウンド獲得の為に取り組め…

前回までは、防げたかもしれない失点を防ぐための手法の一つとして、トランジションディフェンスを中心に扱いました。今回より、もう一つの重要項目『ディフェンスリバウンド』に関するトピックスを中心に扱っていきます。前回に扱ったのはサ…

ここまで、トランジションディフェンスの実際の映像を基に、成否を分ける項目やキーワード、及び、その各項目を強化する練習ドリルを紹介していきました。しかし、頭や理屈では大切な項目を選手も分かっているのに、ゲーム中には身体が反応せずに怠慢…

夏場のシーズンが終わり、秋以降の大会を控える時期に差し掛かりました。コーチの皆様は、夏場の大会で抽出した課題について選手と共に取り組まれている時期だと思います。引き続き、本メルマガでは、試合の命運を握るトランジションディフェ…

引き続き、トランジションディフェンスを扱ったメッセージとなります。ゲーム中に、少しの工夫とスタンダードの構築によって失点を減らしたいコーチの方へ参考になれば幸いです。直近2つでは、スプリントバックの効用と、その訓練方法の案を紹介しま…

前回は、千葉ジェッツふなばし対横浜ビー・コルセアーズの一場面を抽出し、トランジションディフェンスにおけるスプリントバックの価値と、その心理的な難しさについて紹介をしました。バスケットボールの分析や解析が進み、トランジションのシチュエ…

過去数回のメールでは、試合の命運を握る『トランジションディフェンス』についてキーワード(①スプリントバック②STOP THE BALL③BUY TIME④グットビジネスマンになれ!)と共に紹介をしました。重要になる因子について納得、…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…
  2. 引き続き、今回もディフェンスリバウンドについて国内外の事例を踏まえながらデータや映像を紹介していきた…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.8
  2. 【片岡編集長のレポート】何処に着目をすればディフェンスリバウンド獲得の確率が高まるのか
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート No.7
ページ上部へ戻る