menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見…
  4. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】バスケットボールを分析し…
  5. 【片岡編集長のレポート】3men-automatic2
  6. 【片岡編集長のプレイブック2】琉球ゴールデンキングス2
  7. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い①
  8. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】トレーニングレポート N…
  9. 【小谷コーチのバスケットボールを分析しよう!】チームが好むゲームのテン…
  10. 【片岡編集長のレポート】-3men-Automatic1-
閉じる

バスケットボール上達法:技から練習メニューまで動画でも公開中

バスケット無料動画

カテゴリー:片岡秀一

今回も引き続き琉球ゴールデンキングスの代表的なプレーを分析していきたいと思います。前回の記事では、反対サイドのHelp DFの動きを見た上でパスコースを瞬時に判断するケースを紹介しました。今回はボールサイドのDFの動きに注目…

3 men Automaticの第2弾となります。前回、基本的な構造を分析し、紹介しました。今回は、本プレーを実行する為に必要なファンダメンタルスキルを紹介します。チームの戦術を遂行する為の、共通のファンダメンタルと…

前回、今シーズンの琉球ゴールデンキングスが使用するHORNSについて、DiveとPopを絡めた基本的な構造を紹介しました。今回は両サイドのコーナーにいるオフェンスとの関係性について紹介していきます。◇コーナーDFの動きを先読み…

今回より、3men Automaticと呼ばれる動きについて紹介していきたいと思います。Side(45度)で行われるPnRを使用する際、ドリブラーとスクリナー以外のもう1名を絡めた一連の動きの総称で、ここでは、主にボールサイドのコー…

私の主たる観戦領域であるB.LEAGUE、FIBA国際ゲーム、オリンピックゲーム、欧州各リーグで見受けられるX's & O's (戦術)について、図解と動画を交えて紹介していきたいと思います。おそらく、バスケットボールのコー…

前回記事の末尾にて『「DFリバウンドの意識を高める為には、日頃の練習より、「DFリバウンドの意識を高めないとクリアできない/練習ドリルの中で勝者になれないような設定」を施すことが重要になる』と記載しました。上記の考えは、日本体育大学…

前回の記事では、ゲームで発生しうるディフェンスリバウンドシチュエーションを抜き出し、フィジカルコンタクトへの耐性、必要な動作の訓練などを意図したドリルを紹介しました。今回は、さらに実践的な要素を織り込んだ形式でのドリルを紹介していき…

ディフェンスリバウンド獲得の為、前回まではコンタクトへの耐性を強化するドリルを紹介しました。今回は実際のシチュエーションを抜き出した方法を紹介したいと思います。◇ディフェンスリバウンドの獲得。2対2の実践ドリ…

これまでにご提案をした内容を踏まえ、引き続き、DFリバウンドの獲得率を高めるアイデアについて考えていきたいと思います。筆者が社会人チームのコーチとして練習計画を立てる際に着目をしたのはコンタクトの部分です。多くのチームがそう…

前回までの記事では、ディフェンスリバウンドの強化を目指す中で『ボールウォッチ』という分類方法、それを撲滅していく必要性や、ゲームの勝敗との強い相関性を紹介していきました。私がコーチを務めるチームでも、ディフェンスリバウンドの重要性を…

さらに記事を表示する
バスケ塾

ピックアップ記事

  1. 今回も引き続き琉球ゴールデンキングスの代表的なプレーを分析していきたいと思います。前回の記事…
  2. みなさん、こんにちは!坂口慎です。今回は、前回の続きで=================…
  3. このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。…

おすすめ記事

  1. 【片岡編集長のプレイブック】戦術3琉球ゴールデンキングス3
  2. 【武学籠球】スポーツと武学(武術)の違い②
  3. 保護中: 【梅原トレーナーのからだづくり哲学】コーチがもらす弱音から見える希望なき未来
ページ上部へ戻る