指導者に関する記事一覧


スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 育成法

体温を上げることで體は強化されて体調は整う、それがまず基本となる体調管理の鉄則であると、前回にお話しした。 體をあたためることで免疫機能が働き、器官も力強く活動してくれて力漲る(ちからみなぎる)生活を送ることができる。 疲労や不摂生が溜まり体調を崩しかけても、その初期段階でもう一度しっかりと體をあたためて不調の原因である冷えを取り除けば、本格的な病にはならずに済むという助言を申し上げた。

スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 育成法

いかに普段から體を鍛えているアスリートとは言っても、風邪をひくことはある。体調が優れず、鼻がグズグズ、喉が痛い、熱っぽい、胃腸が重苦しい、全身が気怠いなど、体に疲れが出てしまうことが時折あると思う。 そんなとき、あなたはどのようにしてご自身の体調を回復させているだろうか。 大抵のものは休んでいれば数日で治ることは確かだが、アスリートならばさらに積極的に回復のアプローチを行なっていきたい。

シュート スキルアップ 坂口慎 指導法 指導者 練習メニュー 育成法

「ステップバックに体幹は必要なのか?」 みなさんはどう思われますか? ちなみにここでの体幹とは、体幹トレーニングによって得られる体幹力です。 僕は正直必要ないと思っています。 では、なぜ必要か必要じゃないかのような疑問をいだくのか?

スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

高校女子バスケットボール部のトレーニングにおいて、股関節でジャンプする動きを練習致しました。 私は「お尻を使って跳ぶ」ということを子どもに教えています。 股関節を絞って「くの字」をつくり、それを着地と同時に切り返しています。これが反動的な股関節ジャンプです。 曲がった股関節(少し後ろへ引けたお尻)を一気に伸展させる動作で、體がふわっと宙へ浮きます。

スキルアップ チーム作り トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

「このトレーニングはどのくらいの頻度でやったらいいでしょうか」 ▼取り組み方は人により違う トレーニングは毎日でも一日置きでも週1回でもかまわない。 ▼トレーニングの内容で決まる頻度は実態に合わない ▼あなたの実感が最優先 ▼あなたの頑張り度で決める

スキルアップ 坂口慎 指導法 指導者 育成法

最近毎日Youtube投稿やLIVE配信などしているのですが 毎日のYoutube投稿で一つ観えてきたことがあります。 投稿は毎日やっているのでバスケに関する いろんな話題が出てくるわけですが、 当然再生回数もバラバラで、まだまだ安定は難しいと感じています。 その中で 再生回数が多いもの と 再生回数がいまいちなもの は何が違うのかをよく分析しています。

スキルアップ トレーニング 動画 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

バスケにおいて、背中の筋肉や背中の動きは、パフォーマンスに大きな影響を与えます。

スキルアップ トレーニング 指導法 指導者 梅原淳 練習メニュー 育成法

トレーニングをしているのに、成績がでないと悩まれることがありませんか?

チーム作り 指導者

指導者をしていて、嬉しい瞬間ってどういう時ですか?選手が結果を出した時。試合でチームが勝った時。色々あると思います。今回は、ミニバスを指導する筆者が体験した嬉しい瞬間をお話ししたいと思います。